クラビットの人気の秘密に迫る!副作用も少ないレボフロキサシン

▶クラビットを知りたければ!?

抗生物質の中でも頻繁に処方されているのがクラビットです。
1993年位第一三共株式会社より販売されてフルオロキノロン系として販売されており、今なおキノロン系の中でもスタンダード薬として様々な感染症の領域において使用されています。
ニューキロノン系とも呼ばれており、穀金薬の中でも抗菌活性が強いとされています。
メインの成分はレボフロキサシンで抗菌スペクトルが広く、呼吸器の感染症において腫瘍の原因菌である肺炎球菌や一般的な抗生物質胃に対して効果が見られない、肺炎マイコプラズマや、性感染症のクラミジアなどに対しても友好的です。
呼吸器系での活躍を見せており、他にも眼科などでも処方されています。
今現在において国内で最も使用されている抗生物質と言っても過言ではないでしょう。
その理由の一つとして副作用が比較出にくいことがあげられます。
クラビットのメインの成分であるレボフロキサシンは原因菌に直接作用するのでがなく、原因菌が増殖するのに必要なたんぱく質を阻害しることで細菌を死滅させるのです。
直接働きかけるわけではないので、他の物質に対しても作用がないことから副作用も少ないと考えられます。
もちろんまったく副作用がないわけではなく、まれに発疹やげりなどがおこることがあります。
しかしこれは稀な事とでほとんどないと考えてもよいでしょう。
クラビットはこれらの特徴以外にも薬価が高い事でも有名です。
もちろんこれだけベネフィットの高いものになるので、薬価が高くなるのはしょうがないのですが、安いほうがいいにこしたことはありません。
そこで全く同じ有効成分レボフロキサシンを基に開発した後発薬を選択することによってその点はカバーすることが出来ます。
全く同じ有効成分を使っているので、最初から信頼や効果のあることがわかっているので開発コストも数億円とやすくあげることができるのです。
同じ有効成分を基に開発した医薬品のことをジェネリックと言いますが、最近では病院や薬局などでも選択できるようになりました。
中々抵抗がある方もいるかもしれませんが、国としては莫大に膨れ上がった医療費を抑えるためもジェネリックをこれからも推奨していくことになるでしょう。